キーワード分析アナリティクス
アクセス解析ツール「Googleアナリティクス」は、Googleが提供している無料の高性能なアクセス解析ツールです。キーワード分析や選定のためにアナリティクスの導入を

サイトのキーワード分析ツールとしてGoogleアナリティクスの設定を

「Googleアナリティクス(GoogleAnalytics)」は、Googleが提供している無料の高性能なアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクス設定の目的は、数値データをみることだけではなく、ユーザーが求めているものを把握するために、Webサイトの評価目標と結果の差を判断し、その差を分析した上でWebサイトの改善をすることです。

弊社でも、お客様のWeb分析をする場合、Googleアナリティクスの過去3ヶ月分の解析データを基にして、コンサルティングを実施していますので、
     ・Googleアナリティクスの設定
     ・Googleサーチコンソールの設定
     ・SEO内部対策改善レポート(上位表示される確率の事前診断)
を、キーワード分析や選定のためのツールとしてご検討いただいています。

Googleアナリティクス設定

[サイトのキーワード分析・選定ツール]Googleアナリティクスの機能概要

Googleアナリティクスで分かることは、
     ・どのページが一番アクセス数が多いのか
     ・一度の訪問毎に何ページ見ているのか
     ・Webサイトをどれくらいの時間閲覧していたのか
     ・どんなキーワードで検索してきたのか
     ・訪問者がWebサイトでどんな動きをしているのか
     ・モバイルで閲覧しているユーザーはどのくらいいるのか
などの情報です。

Googleアナリティクス設定の結果、
     ・訪問者の満足度
     ・訪問者のWebサイトに対する不満
     ・訪問者が興味をもっていること
などの状況が明確になるため、キーワード分析や選定をはじめ、Googleアナリティクスを活用しWeb分析を行うことによって、Webサイトの目標を達成することに繋がりやすくなります。

※JavaScript未対応の無料ブログサービスなどは設定できないサービスもあります(楽天ブログ・exciteなど)

Googleアナリティクスの基本的なインターフェース

サイトのキーワード分析・選定のためのGoogleアナリティクスの基本インターフェースは、5つ大きなレポート毎に分類されています。
リアルタイム:
現時点で滞在しているユーザーの行動がリアルタイムで把握できます。
ユーザー:
新規ユーザーか、リピーターか、またユーザーが閲覧している環境(OSやブラウザなど)を把握できます。
集客:
ユーザーが検索から訪問したのか、または広告から訪問したのかなどの情報を把握できます。
行動:
ユーザーがWebサイト内をどのように遷移しているのかなどを把握できます。
コンバージョン:
各Webページの目標達成度などを把握できます。

Googleアナリティクスのその他解析内容

以下は、Googleアナリティクス[ユーザー]内のレポートで、「Webサイトの流入状況」「新規とリピーターの割合」「ページ毎の滞在時間・直帰率・離脱率状況」のレポートの一部です。
セッション:
ユーザーがWebサイトに訪れた回数
(※30分が経過した同一ユーザーの再訪問もカウントします)
ユーザー:
ある期間中にWebサイトを訪れた異なるユーザー数
ページビュー数:
ユーザーに閲覧されたページ数
ページ/
セッション:
ユーザーが1回訪れた際に何ページ閲覧しているのかを表しています。
平均
セッション時間:
ユーザーがどのくらいの時間Webサイトを閲覧しているのかを表しています。
直帰率:
最初の1頁のみ閲覧しサイト内の他のページに移動せず、閲覧をやめてしまう割合
GoogleアナリティクスGoogleアナリティクスGoogleアナリティクス
また、Webサイトへユーザーがどのようなキーワードで流入してきたのかなども、把握することが出来ます。
流入キーワードと一緒に直帰率の数値を見ていくと、ユーザーの検索目的とWebページの内容がマッチしているかどうか、またユーザーが掲載情報に満足して直帰しているのかなど分析することが出来るため、ページの改善が必要かどうか判断することも出来ます。
Googleアナリティクス
流入元ページの分析なども実施した結果、直帰率が高い場合は、分析の内容によっては、ユーザーの検索目的とWebページの内容がマッチしていないキーワードの可能性もあるため、Webページに設定したキーワードの変更が必要な場合もあります。
キーワード分析・選定を実施する場合は、
     ・現在の流入キーワード
     ・検索ワード
     ・サジェストワード
     ・キーワードプランナーより選定したワード

などを選定した場合の検索エンジンの検索結果の上位表示確率やテーマ性など、ツールを活用しながらSEO診断を実施しながらWebサイトの状況を把握し、どのようなキーワードが対策ページにマッチしているかどうか、キーワード分析・選定を行なうための分析ツールとして、活用することをご提案しています。

[サイトのキーワード分析・選定ツール]Googleアナリティクス設定内容

Googleアナリティクス設定費用

全てお任せ設定の場合

16,200円(20ページまで)
※21ページ以上は1ページ540円が派生します。
※CMS導入などによる動的ページは別途お見積りとなります。
※Googleアナリティクスの設定料金等は、条件によって異なる場合があります。

研修をしながらの設定の場合

3,780円/時間
※研修は、弊社運営のパソコンスクール内で開催いたします。
※ご希望のお客様には、キーワード分析や選定方法のご説明をいたします。

Googleアナリティクス設定内容

専用コード(トラッキングコード)の取得・設定
専用コード設定ファイルのアップロード
Googleアナリティクスの初期設定(※分散計測の防止設定他)
Googleアカウントの作成代行(※Googleアナリティクスで利用するアカウント)

その他提供サービス設定オプション

主要キーワード分析・選定作業(下層ページ3,780円〜/URL、トップページ5,000円〜/URL)
Web分析(10,8000円〜/ドメイン)
※お客様の提供データに合わせて、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールなどを活用し、検索ボリュームや流入キーワードの確認後、ツールを活用しながらWebサイト上位表示確率を解析しキーワード分析や選定作業を実施します。
Googleアナリティクス設定
Googleアナリティクス設定
お客様の声

フェニキア・カルタゴ研究会 様

Webサイト:
http://phoenician-punic.pya.jp

Webサイト紹介:
古代地中海世界で活躍したフェニキアとカルタゴの歴史の研究会です。

フェニキア・カルタゴ研究会
Googleアナリティクス設定案内をご覧になった方は、こんなページもご覧になっています。

ページの先頭へ戻る